不動産投資のハウステーション 練馬・池袋・新宿を中心に東京№1の不動産管理・PM会社 ハウステーションプロパティマネジメントです

有効活用

建物のボリューム計算

TOPページ >
建物のボリューム計算

建物のボリューム計算は、建物を設計・建築する際にその規模や容積を評価するための重要なプロセスです。これは、建築基準法や各自治体の条例に基づいて、建物が法律に適合するように設計するために行われます。
以下に、建物のボリューム計算の基本的な概念と手法について解説します。

ポイント

建物のボリューム計算の基本的な概念と手法

(1) 建ぺい率と容積率

建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積の割合を示します。建築面積とは、建物の外壁の中心線で囲まれた部分の面積を指します。例えば、敷地面積が100㎡で建ぺい率が60%の場合、建築面積は60㎡以下でなければなりません。
容積率は、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合を示します。延べ床面積は、建物の各階の床面積の合計です。例えば、敷地面積が100㎡で容積率が200%の場合、延べ床面積は200㎡以下でなければなりません。これにより、建物の高さや階数が制限されます。

(2) ボリュームチェック

ボリュームチェックは、設計段階で建物のボリュームを確認し、計画が法的制約や敷地条件に適合しているかを検証するプロセスです。
具体的には以下のような項目をチェックします。
用途地域: 建物が建築される地域の用途規制を確認します。これにより、住宅、商業施設、工場など、建物の用途が決定されます。
道路幅員:敷地に接する道路の幅を確認し、建物の高さ制限を評価します。一般に、道路幅員が広いほど高い建物が建てられます。
敷地形状: 敷地の形状や面積を考慮して、建物の配置や形状を最適化します。

土地利用に際しての主な法的規則
(3) 実際の計算方法

実際のボリューム計算では、以下のステップが含まれます。
敷地調査:敷地の面積、形状、接道条件、用途地域などを詳細に調査します。
基本設計: 建物の基本的な配置や形状を設計し、建ぺい率と容積率を満たすように計画します。
詳細設計: 建物の具体的な設計を行い、各階の平面図や立面図を作成します。これにより、延べ床面積や建築面積が算出されます。
法的チェック: 設計が建築基準法や条例に適合しているかを確認し、必要に応じて設計を修正します。

(4) 費用と期間

ボリュームチェックにかかる費用や期間は、建物の規模や敷地条件によって異なります。
一般的には、数週間から数ヶ月かかることが多いです。費用については、設計事務所やコンサルタントに依頼する場合、数十万円から数百万円程度が見込まれます。

ボリュームチェックすることで土地のポテンシャルを計る

ここがポイント

建物のボリューム計算は、建築計画が法的制約を満たし、効率的な土地利用を図るために欠かせないプロセスです。
建ぺい率や容積率の計算、ボリュームチェックの実施により、安全で適法な建物の設計が可能となります。
設計者は、各種法令や条例を熟知し、最適な建物計画を立案する必要があります。

不動産投資のことならハウス
テーションにおまかせください!

不動産投資のノウハウを学ぼう 目次

空き家サポート隊